漆塗りの器は、塗り上がってからどのくらいで使用できますか?というご質問にお応えするために。

漆塗りの製品は、塗り上がってから半年ほど使用せず置いておくのが理想ですが、塗って間もない漆塗り製品を、どうしても発送しなくてはいけない場合は、「本漆塗漆器製品ご使用についてのお願い」という紙を一緒に送るようにしています。

urushi_toriatukai

まずは臭いの問題。
漆の塗りたての独特な臭いをご存知でしょうか?汁物やご飯など食べ物を入れるのはちょっと無理かなと思うのです。

そして、漆の乾きの問題。
漆は半年から一年かけてゆっくり乾いて丈夫になっていきます。塗りたてで使用すると、傷もつきやすく、変色もしやすいというトラブルにつながります。

漆が半乾きだと、臭いもそうですが、かぶれることもあります。私のように、小さいころから漆の免疫がついていれば、少々のことではかぶれませんが、敏感な人は空気感染でかぶれる人もいると聞いたこともあります。

そういったトラブルを避けるためにも、いつごろ塗上がったかを明記して、どのくらいの時期から使っていただくのが望ましいかをお客様に分かっていただくことがメーカーとしての役割だと思います。そのための取り扱い仕様書です。

 

 

毎日の更新の励みになりますので、みなさんの1票をよろしくお願いいたします。

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください