樹脂(プラスチック)製のお盆は別注で作れるの?

先日、電話であるお問い合わせをいただいたのですが、時々こんな内容のお問い合わせをいただくこともあるので今日は少し細かく触れてみようと思います。

【お問い合わせ内容】

プラスチックのお盆で、希望のサイズのものを100枚って作ってもらうことはできますか?

 

今回のお問い合わせ製品はお盆でしたが、時々このような別のプラスチック製のものを少量で生産可能か?というお問い合わせをいただくことがあるんです。

今、100枚を「少量」と書きましたが、まず100枚という量が多いのか少ないのか・・・

もちろん、個人で考えれば100枚なんてなかなか使うことは出来ないほど多い量だと思いますが、プラスチック製のものを別注サイズで100枚となるとかなり少ない量でものすごく高いものになってしまいます。

 

それはなぜかというと・・・

プラスチック製品は金型成形品なので、まず金型制作が必要で、その金型制作費用は決して安くないから

 

では、金型製作の費用はどのくらいかかるのでしょう?

小さいものから大きなものまで、大きさや形など条件によって違うものの、50万とか100万とか、場合によってはそれ以上かかってしまうんです。それだけかけて作る100枚のお盆って一体1枚あたりにするといくら位になるのでしょうか。

例えば金型代が100万かかったとするならば、100枚作る場合は1枚あたり1万円かかります。それに加えて、成型する費用と塗装加工する費用などがかかってきます。もちろん、成型費用や塗装加工費用は、比べ物にならないくらい安いものですが。

それだけ費用をかけて100枚のお盆を作るかどうか?

こんなことは滅多に、というかほぼあり得ません。

これが1万枚のお盆を作りたいとなったなら、金型代100万円の場合1枚あたりが100円になってきますから、出来ないこともないかな〜という考えにもなってきますね!

 

こういうお問い合わせがあった場合の対処は普段どうしているのかというと、

すでに存在する金型のもので、なるべく近いサイズのものを探して提案する

ということになります。

例えばですが、「長角で幅39cm前後のお盆」というご希望であれば、近いサイズを探し集めて提案します。

 

 

他に方法はないのか?

希望のサイズのお盆をなんとか作る方法はないのか?と言われたならば、「木製でなら作れます。」と答えることはありますが、業務用となると耐久性の問題もありますし、木製は決して安くありませんからなかなかご希望通りにはいきません。

 

以前はどんどん新しい金型を作った時代もありました。お客様から提案されて、作ってみようかということもありましたし、それなりにモノも動いていたので金型を作って売ってみようという見通しも明るかったと思います。しかし、いつまでも同じような時代が続くわけではなく、なんでもかんでも大量生産する時代ではなくなってきました。小ロットは当たり前の時代に私たちメーカーとしてどう対応していくかが問われていると思います。

 


■業務用漆器メーカー「ともづな」 株式会社ヒロセ

 

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。