蒔絵の筆はネズミやネコの毛を使用しているそうです。

20130218-202810.jpg

写真は、蒔絵師の竹内信博さんが銀磨き作業しているところを撮影させてもらったものです。

蒔絵師さんと云えば、漆で絵を描いて、金の粉や色粉を蒔くから、蒔絵師と言われるのだと思いますが、このようにくすんだ銀を鮮やかに蘇らせるための磨きの作業も蒔絵師さんがするんですね!

続きを読む 蒔絵の筆はネズミやネコの毛を使用しているそうです。

蒔絵師さんが教えてくれた消し蒔絵と磨き蒔絵の違い

久しぶりに漆器屋らしい話題を書こうかな。

蒔絵(まきえ)とは、蒔絵-Wikipedia ←コチラを参照下さい。

漆で絵を描いて、漆が乾かないうちに金粉などを蒔いて定着させる技法です。私たちが蒔絵師さんに仕事をお願いするときに「消し蒔絵」「磨き蒔絵」かどちらかでお願いします。

「消し蒔絵」と「磨き蒔絵」は、どう違うのか?昔からお世話になっている越前漆器伝統工芸師の蒔絵師竹内信博さん曰く、消し蒔絵は金の粉に厚みがなくて仕上がりが紙みたいに平たい感じけれど、磨き蒔絵はパチンコ玉みたいに金粉が丸々しているので深みがでる。

もっと上手に説明してもらったように思うのですが、今覚えているのはという単語とパチンコ玉という単語・・・まあ、つまり、金粉の種類が違うということですね。磨き蒔絵に使われる金粉だけでも大きさの違いで20種類はあるんじゃないかとおっしゃってました。

続きを読む 蒔絵師さんが教えてくれた消し蒔絵と磨き蒔絵の違い