業務用漆器って何? 

業務用漆器

業務用漆器というのは専門用語?

最近はセミナーなどに参加するようになって、いろんな方とお会いする機会が増えました。それにともなって名刺交換の機会も増えたのです。数年前までは名刺を作ってもなかなかなくならないという状態だったのに(^_^;) 元来人見知りな私ですが、外に出掛けて人と交わろうと思ったらそんなこと言ってられないですもんね。

名刺を交換する時、当然ですけど自分の名前と何をしている人かを説明するのですが、

「初めまして、株式会社ヒロセの大石恵子と申します。漆器屋です。主に業務用漆器を扱っています。」

というと、

「業務用漆器って???」

??? こんな感じになることがあります。どちらかと言えば???の方が多いかも。

そうか、業務用漆器という言葉は一般的じゃないんだな。

そこでようやく気づいたのです。私が当たり前のように使っていた「業務用漆器」は、当たり前ではなかったということ。では、どう説明したらいいのか・・・

業務用漆器というのは、日本食レストランなどで使われる漆器の食器のことなんです。外食産業で使われる漆器と説明したほうがいいのでしょうか。具体的に言うと、定食用のお盆・吸物椀・割烹用の敷膳・寿司桶など・・・漆器なので和食で使われる食器が断然多い。漆器は日本食文化に欠かせないものといっても過言ではないです。

 

じゃあ、「業務用」と「一般家庭用」では何が違うの?

「業務用」の漆器って、家庭用のものとどう違うの? 先日そんなことを聞かれて、私もちょっと考えてしまいました(・・;

私なりに考えた結果、

  1. 木製より樹脂製がメイン
  2. 漆塗りより化学塗装がメイン
  3. フタ付きの吸物椀は業務用に多く、家庭用はフタなしがメイン
  4. 仕出し用の幕の内弁当・松花堂弁当などは家庭でめったに使わない
  5. お店で使うため、業務用食器洗浄機で使う吸物椀を多く扱っている
  6. 傷がつかない加工、すべらない加工、など使い勝手の良い加工が施されている(※全てではない)
  7. 保管のことを考えて積み重ねができるデザインが多い

業務用漆器のほうが、家庭用漆器より耐久性や利便性に優れているということが言えます。お店では業務用食器洗浄機を使ったり、回転率が良いお店だと一日何度も使ったりと、家庭より器を酷使する確率が圧倒的に高いからです。

 

業務用漆器はやっぱり家庭用とは違う

業務用漆器 松花堂弁当

写真のようなお弁当箱、家庭で使うことはほぼありませんよね。家庭で使ってはいけないということはありませんので、「欲しい!」という方がいらっしゃればお分けしますけど、そういう人はあまりいないかな(^_^;)

やっぱり家庭用漆器とはちょっと違うでしょ?

 

越前漆器産地 業務用漆器メーカー 株式会社ヒロセ

仕出しのお弁当箱の中の器を電子レンジに入れたら変形した

仕出しのお弁当を扱っているお客様からご相談がありました。

お弁当箱

そのお客様のお店では、仕出し弁当のお弁当箱を定期的に1軒1軒一般のご家庭に配達して、また回収するというスタイルをとっているお店です。

※写真はイメージですので、この話には関係ありません。

お弁当箱を回収すると、中に入っている漆器の器が変形してることがちょくちょくあるとのこと。

原因を調べてみると、注文したお客様が食べる時に中の器ごと電子レンジで温めて使われていることが分かりました。

こういったお弁当箱の器は、電子レンジでは使えません。でも、お弁当箱にそんな注意書きが書いてあるわけでもないので、お客様は何とも思わずレンジでチン!してしまうんだと思います。

続きを読む 仕出しのお弁当箱の中の器を電子レンジに入れたら変形した

「業務用漆器」って一般的ですか?専門用語ですか?

こんばんは。

先週とはうってかわって朝晩めっきり涼しくなりました。先週までは、こんな涼しさが二度と来ないんじゃないかと思うくらいでしたけど、ちゃんと来るんですね!

さて、私は名刺を出して自分の自己紹介をする時に、

「株式会社ヒロセの大石恵子と申します。どうぞよろしくお願いします。」

ありきたりですが、これは絶対言う言葉。

さらに付け加えるとすれば、

「福井県鯖江市の越前漆器産地で、主に業務用漆器の製造・卸・販売をしています。」

と続きます。

ここで、最近ちょっと気になるのは、「業務用漆器」というワードなんです。これってもしかして全く一般的じゃないんじゃないの?っていうこと。

なぜかというと、「業務用???」という風に聞き返されることがあるからです。

業務用漆器の意味するものは、日本食を扱うお店で使われる漆器(和食器)のことで、例えば割烹用・味噌汁用のお椀とか、定食盆・敷膳、松花堂弁当箱、幕の内弁当箱といったものです。

業務用漆器にたいして、家庭用漆器という風に使い分けているのですが、家庭用とは一般家庭で使われる漆器(和食器)のことを意味します。

では、私達産地の人間はどうして業務用漆器と家庭用漆器と区別して考えるのか?

業務用漆器は、傷に強いといったことや洗浄機により耐えられる耐久性に優れた製品であったり、積み重ねなど利便性に優れた製品だったり、たくさん使うということを前提に作られていました。ですので、木製より断然樹脂製の漆器が中心となります。

漆器というだけで、一般的に木でできていると思っている方もすくなくありません。でも、樹脂で成型されたものも漆器なのです。

私達は「業務用漆器」という言葉を当たり前に使っていますが、世間一般ではあまり認知されていないという事実。全然知識がない人に説明する時、わかりやすく伝えるにはどうしたら良いのか・・・そこから考え中です。