1月は漆器修理のご依頼が一番多いのです。

漆器の修理は年明けが一番多いのです。

お正月に漆器を使う機会が増えるからですね〜。重箱やお椀などいろんな産地の漆器を拝見する機会が本当に増えました。今年は昨年より検索で漆器修理サイトにたどり着いてくださる方が多いようです。

昨年も今年も1月は漆器修理専門店のような気分・・・

漆塗りの重箱などは、今から修理にかかってもおそらく4月とか5月の仕上がりになりそうです。

今年は厄介なのが消費税増税(^_^;)

5%から8%にUPするのは国として仕方のない事だとわかっていても、請求額に3%分足さなくちゃいけなくなるのは申し訳ないような気分になってしまいます。

ある加工先では、消費税が上がる前に製品を納めなくちゃいけないらしく、年明けから3月まではものすごく仕事が詰まっているらしいのです。

そんな似たようなことは多いかもしれませんね。

漆塗りの修理は急ぐことはできません。塗って、乾かして、塗って、乾かして・・・漆に相談しながらの作業なので。

重箱などは、来年のお正月に使うために今の時期から修理するのが一番です。

そう思うと、やっぱり1月は漆器修理強化月間ということになりそうです。

 

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。