お正月のおせち料理には一品一品に願いが込められています。

おせち料理

私達日本人はお正月におせち料理をいただきます。

 

お正月におせち料理を食べるのはなぜ?

おせち料理を自分で作るという方は、材料の買い出しから調理まで手間をかけて作られているのではないでしょうか。

年末も仕事でなかなか作ることができないという人も最近ではおせち料理を手軽に買うこともできます。それこそ、和・洋・中いろんなおせち料理が販売されています。

では、なぜ日本ではお正月におせち料理を食べるのでしょうか?

おせち料理をいただくのは、年の始に一年の無事を家族で祝うためです。

江戸時代の人々は、おせち料理の一品一品に願いを込めました。江戸時代の庶民の縁起を担いだ粋な発想が反映されており、飢饉や天災や病にたいして切実に祈りを込めたことがかいまみられます。

 

 

おせち料理の一品一品に込められた願いとは?

黒豆
無病息災を願います。  まめ(まじめ)に働き、まめ(健康)に暮らせるように。

田作り
豊作を願います。  昔、コイワシが田んぼの肥料だったことから田作りと名づけられました。

かずのこ
子孫繁栄を願います。  数の子と書き、にしんの卵で、字のごとく数の多い子ということから。

伊達巻
文化の発展を願います。  巻いた形が巻物=書物を表し、学問、文化の繁栄を願います。

栗きんとん
商売繁盛、金運を願います。  黄金色の財宝に例えられます。

えびのうま煮
長寿を願います。  長いひげが生え、腰が曲がるまで健康で長生きできますように。

ごぼう
豊作と一年の息災を願います。細長い形から、細く長くつつましくという祈りも込められています。また、根菜でしっかり根を張ることから、家の土台がしっかりするようにとの意味もあります。
他にも、縁起の良いものとして

紅白なます
人参と大根の紅白でおめでたく、根菜類なので土に根を張ることから、家の土台がしっかりし家が栄えるようにとの願いがこめられています。

紅白かまぼこ
紅白で華やか

たたきごぼう
たたいてごぼうを開くことこら開運

レンコン
見通しがきくという縁起をかついだもの

里いも
小いもがたくさんつくことこら子宝、子孫繁栄の縁起物

八つ頭(やつがしら)
頭になるということで「人の上に立つ」という意味がこめられています。

ゆり根
花のように鱗弁(りんべん)が幾重にも重なっていることから子孫繁栄の縁起物


「めでたい」に通じる語呂合わせ
一年の始めに食べるおせち料理だからこそ、縁起のいい食材をいただきたいものです。

 

おせち料理は日本人の中に、先祖代々受け継がれてきた代表的な食文化のひとつであり、感謝の気持ちでいただきたいものですね。

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。