どまんなか祭りが熱い!パレードとステージの演舞を存分に楽しみました。

今週末、名古屋で行われているYOSAKOIソーラン祭りのイベント「にっぽんどまんなか祭り」通称「どまつり」。大学のYOSAKOIサークルに入っている息子たちのチームも毎年出場しているイベントで、ようやく3年目にして初めて見に行くことができました。

昨年はUST配信で応援していて、今年こそは絶対行きたい!と思っていたのです。つきあってくれた妹に感謝☆ 雨がひどそうだったら諦めていたかもなので、なんとかお天気ももってくれて良かったです。

出かける前にチームのタイムスケジュールを確認して、パレードの踊りとメインステージでの演舞を見るためにお昼ころ福井を出ました。高速で約2時間ほどで順調に一宮に到着。一宮インターで降りて名鉄国府宮駅の駐車場に停めて、そこから名古屋まで電車で向かいました。特急で15分ほどでした。

メイン会場は久屋大通り公園です。まずそこまで地下鉄で向かい、チケットブースでメインステージの観覧のためのチケットを求めました。(あとでわかったことですが、ステージの前の広場はチケットがなくても入れるということ。チケットが必要なのは広場の後ろに設営されている階段席でした。まあ、座ってゆったりと見れたので良かったのですが。)

大津通りのパレード会場に着くと、まもなく息子たちのチームのパレードが始まるという絶好のタイミングでした。

DSC01740

お目当ての息子たちのチームが見えてきました。

DSC01759

踊りながら進んでいきます。

祭り自体は熱いお祭りですが、今日は曇り空だったので踊る皆さんにとって比較的涼しかったことでしょう。

道路沿いは見学客の人たちでいっぱいです。高そうな立派そうなカメラで撮影している人がたくさんいました。そういえば「どまつりフォトコンテスト」で作品募集と書いてありましたもの。

100人もいると探せないかもと思ってましたが、案外前の方にいたため、簡単に見つけることができました。みんな笑顔で大きな声を出して、キレの良い動きで素晴らしかったです。

 

そして、メインステージの演舞

DSC01767

最初の衣装は白地に青と茶の2種類

 

DSC01775

踊りの最後には濃いオレンジ一色。炎を表しているのでしょう。

 

生で見るのは迫力があり、感動しました。高校までサッカーをしていた息子が大学に入ってYOSAKOIサークルに入ったと聞き、ちょっと驚いていたのですが、まさかこんなにハマってしまうとは。

明日の最終日、ファイナルステージに残れるかどうかは明日のお昼すぎに決まります。

最後にメインステージで踊れますように!

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。