IDEOによるデザインシンキングセミナー

Apple社をはじめ、日本でも多くの大企業のクライアントを持つ世界的に有名なデザインコンサルタント会社「IDEO(アイディオ)」によるデザインシンキング(デザイン思考)のワークショップが鯖江市嚮陽会館にて開催されました。

※IDEOのウィキペディアはこちら

こんな有名な会社のワークショップが鯖江で開催されるなんてなかなかないことだと思い、思い切って申し込み、参加してきました!

 

セミナーが始まる前に、あらかじめ決められたグループの席に着いて、同じグループの方と名刺交換しました。

セミナーが始まって一番最初、

「自分の右側の人の似顔絵を付箋に書いてください」という指示があり、いきなり似顔絵を描くことに。。。絵心がないので困ります(^_^;)

私の絵を描いてくれた方は、デザイナーさんということでとても上手に描いてくださいました。

img_4836

こんな風にさらさらっと描けるのが羨ましい。

苦手なお絵かきでしたが、こういうことで一気に場が和みますね♫

 

ここからデザインシンキングとは?ということから始まり、事例などを交えて具体的なお話を聴きました。

なかなか深くて聴いたことを上手く書けないのが情けないのですが、デザインシンキングは必ず人から始める「人間中心のイノベーション」と定義されていました。

 

各グループにあらかじめ決められたお題がだされました。

私たちのグループのお題は、「どうすれば、シニア職人をより幅広いコミュニティにつなぐことができるのだろうか?」

対象となる人(シニア職人)にインタビューして、聴いたことを書き出します。

そこから、お題に対するアイデアをどんどん出していきます。

最終的に、

  1. サービスの名前
  2. その商品は何なのか?
  3. どういう風な体験ができるのか?

ということをまとめていきます。

最終的に、寸劇で各グループの発表という流れでした。

 

朝10時に始まり、終わったのは17時30分というほぼ一日のセミナーでしたが、あっという間でした。というのも、普通は3ヶ月くらいかけて進める作業をたった何時間で体験したのですから!

もちろん大変でしたが、すごく楽しいセミナーでした。

こんなことは無理だということは後回しにして、いろんなアイデアを出し合うのですから。

多分、他に参加された皆さんも同じように楽しかったのではないでしょうか。

この体験を今後の仕事に活かせるといいなぁ!

 

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。