自分の周りや考え方を整理整頓する

ブルーベリーの蕾が膨らんできました

現在の心境

思えば2月後半からじわじわと感じていた新型ウイルス感染拡大の恐怖が、3月に入って明らかに仕事に影響を及ぼし始め、4月に入って緊急事態宣言が出されたことで一層日常生活が制限されているような状況で、これがいつまで続くのか終わりがみえなくて、それでも生きていくために何ができるのか、何をすべきか、そんなことを考えながら毎日を過ごしています。

情報化時代の今、嫌でもはいってくるTwitter、Facebook、LINE、ニュースアプリなどの情報が多すぎて、それはそれでありがたいのだけど、あふれでてくる情報に踊らされないよう、自分の中で決まり事を作って整理していくことも大事だなーと。

すごく共感した糸井重里さんのツイート

私もまさにこれだ!と思いました。

だから、そんな情報はなるべく見ない、聞かない、探さない。

自分が信頼する人や正確に伝えてくれると信じてるメディアの情報だけを拾っていけるよう、情報の整理整頓を心掛けてます。とはいっても、普段、物の整理整頓もなかなか進まないんですけどね……(-_-;)

 

この機会にいろんなことで整理整頓が必要だと感じています

何年前から、自分の身の回りのもの(主に衣服類)の断捨離を意識してやってはいます。何年も、ひどいのは何十年も袖を通していない服は処分したり。かといって、ただ捨てるだけではなくて、新しく購入するときに「それは本当に必要か?」ということを自分自身に問いかけてみたりしてワンクッション置く癖をつけるようにしています。それでも、なかなか自分の欲というのは止められないんですけど(苦笑

こんな状況になって、いろいろ考えをめぐらすことが多くなって、この個人的なことを書き綴っているようなブログを復活しようと思ったのも心境の変化の一つで、自分はこの時何を思って、どう行動しようとしていたのか、というのを自分のために残そうと思ったんです。人間の感情は、周りの環境や人に影響されやすいし、それはけっして悪いことばかりではなくて、柔軟に対応していくために必要なことだと思うから。

そして、生きていくために重要な今後の商売の方向性を一番に考えなくちゃいけなくて。

正直なところ、ホテルや旅館や飲食店で使用されるような器を製造販売しているので、もろに影響を受けてるわけです。

ある程度割り切ることも必要、かといって、ただ諦めモードに突入するのはすごく危険。

お客様によっては、店内での営業を休業する代わりに新たにテイクアウトを始めるための箱(ここではお弁当箱)を模索されていて、そのお問い合わせをいただいたりというのが何件かあります。問い合わせをいただくって、すごくありがたいことだってしみじみ思う今日このごろ。

この困難な事態をなんとか乗り切ろうと頑張ってらっしゃるお客様の姿を感じて、その姿勢を見習わなくちゃいけないし自分たちが出来る精一杯のことはしたいです。

外食産業で使われる器の販売と並行して、ここ10年以内で始めた漆器修理だったり、Curumiという製品を開発したりと、取り組んできたことが、大きな形になってはいないけれど、やらないよりは良かったな~と。もちろん、まだまだこれからですけど、ようやくCurumiの商標登録も一年がかりで取れまして、なんとか形にしたいという強い思いがあります。

今までより時間ができた(出来てしまったかな)中で、後回しになっていたこともどんどん消化して、悶々と悩むくらいなら手を動かした方がいいし、なにか新しいことを考える時間に使いたい。

私の一生の目標は「好きを仕事に」なので、なんとかそこに近づけるよう日々精進したいと思います。

大変だけど、こんな時だからこそ笑顔で頑張りましょー!!!

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。