愛用のお茶碗の金継ぎ

愛用の飯碗を誤って落として割ってしまいました。

陶器は割れるもの。そうは思っても今回は諦めきれなかったため、夫がパズルを組み合わせるように接着してくれました。

before01

接着しても派手に割れたためにどうしよう・・・って感じでした。このままでは使えないなぁと。

暫くの間、この状態で棚の中にしまっておきました。

 

そんなある日、蒔絵師さんの仕事場で金継ぎの陶器を見かけたんです。それを見て、しまっておいた茶碗を思い出しました。

金継ぎすると、また使えるようになる!

そう思って、蒔絵師さんに相談しました。

接着した境目の部分に多少の段差があったり、穴が開いていたりするので、そこには錆をして平らにしてから金継ぎで仕上げると聞き、錆をするところまでは自分ですることにしました。

before03
錆埋め

そして、最後は金継ぎを蒔絵師さんに託しました。

after01

金をすることで、まるでデザインのよう!これこそ世界に一つだけの私のお茶碗(*^^*)

これでまた使えるようになりました。良かったぁ。

割らないように注意しなくっちゃ。

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。