カムカムおじさんの話

こんばんは、大石です。今日仕事帰りにガソリンスタンドに寄ってきました。ここのところ、車のガソリン代が安くなりましたね〜。いつも満タンじゃなくて、決まって3000円分入れるんですが、思ったよりたくさん入ってなんだか嬉しかったです♫

12月も半分終わり。泣いても笑ってもあと2週間ほど。あと少しですが、今年もいい年だったって言えるように頑張ろう♫

 

カムカムおじさんの話

Mrサンデーで取り上げられたカムカムおじさんの話がすごく興味深かったというか、「なんかわかる〜」って思ったので、ブログに残しておこうと思って書いてます。

JRで大阪市内から関空に向かう電車は、途中で和歌山方面へ向かう車両と関空に向かう車両に別れるらしく、間違って和歌山方面へ向かう車両に乗る外国人観光客の方が多かったそうなんです。

そんな観光客の人たちに、身振り手振り片言の英語で説明して、関空に向かう車両に乗り換えるよう案内したのがカムカムおじさん。

間違える人は一人や二人ではなく、1ヶ月に何百人?何千人?(このへんはうろ覚えです)という驚きの数だったのです。これも全部カムカムおじさんがJRに報告するために一人で調べたそうです?!

カムカムおじさんは、JRの職員ではないにもかかわらず、進んで乗り間違っているだろう人たちに声をかけて、いわゆる人助けをしたという素晴らしいお話。

カムカムおじさんは、

「日本で楽しい旅行をした最後に、電車を乗り間違えるという経験をするのはおもてなしの国日本としてはとても残念なことだと思った」

何となくこんな感じのことをおっしゃっていたと記憶しています。

 

どうして誰に頼まれてもいないのに、こんなことをするのか?みたいなことをテレビスタッフが聞いたところ、

「みんなからありがとうって感謝されるのが嬉しいから。」

人の役に立つことでやりがいを感じているんですよね。無償の愛みたいなものをすごく感じて、本当に素晴らしいなと感心しました。

 

カムカムおじさんのおかげで、JRもいろいろと対策をするようになり、間違える観光客が激減したようです。

こんな人に私もなりたい。近づきたい。そんなことを思ったのでした。

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。