お客さんが喜んでくれればそれでいい

昨日の夜は久々にIT研修を受けて、なかなかの量の宿題が出たのでここ数日は夜頑張って調べ物です。

考えてみると宿題を出してくれるってすごいありがたいことだって大人になって思ってます。どうしていいかわからないことを宿題を出して導いてくれてるんですもんね!

3回研修なので、なんとか形になるよう頑張ります。

 

鳥肌が立ちました

今日ね、すごく感動したことがあったんです。

今年の6月ころだったかな〜、可愛らしい重箱の修理をご依頼いただいたんです。その重箱が送られてきたとき、重なりが悪くて重箱の役割を果たさないんじゃないかって思ってました。しかも、とても繊細な蒔絵が全体に描かれていたのが、ほとんど薄くなって消えかかっていました。

※実際の写真をお見せしたいところですが、まだ許可を得ていませんので、改めて修理例として紹介できるといいなと思ってます。

とにかく、いくつもの困難なことがあって、果たして復元できるんだろうか?!と私の中では不安がいっぱいだったんです。

それがね〜・・・本当に驚いたことに、重なりも直り、蒔絵も美しい重箱に蘇ったんです!

蒔絵師さんから私の手元に届けてもらった時、重箱を見て鳥肌が立ちました。

あの重箱が、こんな素晴らしいことになっちゃんだって。

感動して、うるっときちゃいました(T_T)

「お客さんが喜んでくれればそれでいい」っていつも言ってくれる職人さん。

頭が上がりません。感謝、感謝です☆

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。