お味噌汁椀を新調しました

IMG_9576

最近使い始めたお味噌汁椀。シンプルでお気に入りです♬

このお味噌汁椀は、先日のイベントで展示させてもらったものの一つで、外側が漆の溜(ため)塗になっています。

漆の溜塗といっても、一般的ではないですのでちょっと説明すると・・・

まず、下塗りに漆朱(赤)を塗って、その上に透き漆(飴色)を塗り重ねることで、深みのある濃い茶色っぽい色がでます。最初は黒っぽい仕上がりですが、経年変化で徐々に明るく色が出てくるのが漆の特長で、使いながら色や艶具合の変化を楽しめるというのが漆の面白さなんじゃないかな。

このお椀の内側がまた面白い!

麻布を貼って、その上から漆を塗っています。木製椀は丈夫にするために布を貼って漆を塗るという方法があるのですが、大抵は布が見えないように漆を塗り重ねてしまうんです。このお椀は、麻布を活かした仕上げになっています。しかもすごく丈夫!

やや小ぶりのお椀で、毎日のお味噌汁椀としては今まで使ってた中で一番使い勝手が良さそう♬

大事に一生モノとして使います。

こんな風に、自分がすごく気に入っているお椀を売ることができると一番いいんだろうなと思うんですけど(*^^*)

 

 

9月も今日で最後。この1ヶ月を振り返ると、仕事はそれなりで、休みの日と夜はイベント準備や後始末で追われた充実した1ヶ月でした。楽しかった・・・また、やりたいなぁ(笑)

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。