伸び放題の藤のつるを見て、豪雨被害を思い出します

藤のつる

この度の豪雨被害に遭われた地域の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を願っております。

このような豪雨の被害をニュースで見ると、鯖江市河和田地区も11年前に豪雨被害に遭ったことを思い出します。私の会社も1F全部泥水がたまり、毎日毎日長靴を履いて、泥の掻き出し作業をしました。

 

写真の藤の木は今朝撮ったものですが、以前はそれなりの立派な棚があり、藤の花が咲くころはとても美しい眺めでした。

11年前の豪雨により、会社の敷地内が川のようになり、いろんなものが流されました。藤の棚もその時に一気に流されてしまい、それ以来、こんなお粗末な状態です(T_T)

亡くなった祖父は藤の花が大好きでした。植木屋さんに棚を作ってもらい、毎年とても嬉しそうに綺麗に咲いた薄紫の藤の花を眺めていたのを覚えています。

棚がなくても、こうしてぐんぐん伸びていくんですよね〜。

伸びては切り、伸びては切り、を何回か繰り返して・・・

花を咲かせる年と、咲かせない年

棚を作って、以前のように美しい藤の花が咲いている姿を見てみたいなぁと10年過ぎて思うのです。

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。