福井弁が心地いい

こんばんは、なでしこジャパン残念でした(ノД`) それでも準優勝というのは素晴らしいことです!

最終日まで楽しませもらったし、本当にお疲れ様&ありがとうございました(*^^*) 来年のリオオリンピックが楽しみです。

さて!突然ですが、今年の4月から始まったTVドラマ『天皇の料理番』はご覧になってますか?

私は毎週かかさず観ています。とても楽しみにしているドラマで来週はとうとう最終回。ワンクールで終わってしまうのがとても残念です(T_T)

そんな天皇の料理番ですが、佐藤健さん演じる主人公の秋山篤三(秋山徳蔵)は福井県武生(現:越前市)出身で、黒木華さん演じる篤三の奥さんの俊子さんは鯖江出身という設定になっていて、ドラマの中でも私たちが話す福井弁が頻繁にでてくるわけです。
ドラマを観ていてわかるように、私が住む福井県嶺北地方は、しゃべりのアクセントがすごく変わっています。

これは余談ですが、高校卒業してお隣の石川県の短大に進学した時まで、私たちが話す福井弁のアクセントが極端におかしい(訛ってる)とは知りませんでした。ついでに言うなら、英語の文章まで訛っていたようなんです。友達や先生からの指摘で気付いたという・・・知らないってコワイこと^^;

なんだか馬鹿にされるし、福井弁が恥ずかしい

そんな風にずーーーっと思ってました。

というわけで、アクセントが妙におかしいのが福井弁。

天皇の料理番だけでなく、いままでも福井弁が出てくるドラマはいくつかあったと記憶していますが、今回ほど福井弁が自然なのは初めてかもしれません。

特に黒木華さんの福井弁はとても自然で心地よくて、しかも独特のアクセントがなぜだか私には可愛く聴こえるんです。あのゆったりとしたしゃべりのせいでしょうか。

福井弁って本当は可愛らしいの?!なんて勘違いしてしまうくらい 笑

黒木さんのおかげで、すごく恥ずかしいと思っていた福井弁が多少誇らしくも思えてきました。

来週は最終回。黒木さん演じる俊子さんは病気で亡くなってしまいましたが、最後までしっかり見届けたいと思います。

終わっちゃうとしばらくは淋しいだろうなぁ・・・

 

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。