こんなこといいな、できたらいいな。鯖江ウェアラブルコンテスト

昨日は、鯖江市役所で開催された鯖江ウェアラブルコンテストに出席してきました。

鯖江ウェアラブルコンテストとは

1趣旨
めがね産地“鯖江”として、市民生活を豊かにするウエアラブル端末(身に着けるコンピューター、アニメーション“電脳コイル”(2007年、NHK教育テレビジョン放映)の電脳メガネなどに代表される端末)アプリとその企画を募集し優秀な作品を顕彰する。

以上、鯖江市のウエアラブルコンテスト要項ページより引用

なぜ私がこのコンテストの発表を聴きにいったかというと、お友達が企画部門で最終審査に残り、プレゼン発表をすると聞いたからです。これは応援しに行かないと!ということで、行ってきました!

実は、どんなことを発表するのかを事前にちらっと聞いていて、そんなアプリがあったらすごい良いよ!って話していたんです。

 

ウェアラブルコンテストは今年で4回目だそうです。私は今年初めて聴きにいったのですが、予想以上に面白かったというのが正直な感想です。

最終プレゼンに残った方は企画部門5名、アプリ部門1名で、ウェアラブル(電脳めがねなど)を使って、こんなのがあったらいいな〜というアイデアや自分で作ったアプリを発表。

福井新聞ニュースにも取り上げられていました。

 

私のお友達のアイデアは、見事エプソン特別賞を受賞!!!

なんと、EPSON MOVERIO BT-200を手に入れました。プレゼン発表聴きに行って良かった〜♬ 本当に嬉しい♬

今度、かけて遊ばせてもらおうっと(*^^*)

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。