ツバメの季節

鳥の巣

夫が樫の木を剪定していたら、

鳥の巣発見❢

よく覗いて見ると、木の枝や何かの皮?やビニールのヒモ?と思われるようなものも使って、上手に巣が作られていました。落ちているものを上手に活用して作ってるんですね〜。

よく見かけるのは、白黒のハクセキレイ(おそらくですが)という小鳥なので、きっとハクセキレイがヒナのために一生懸命作ったんでしょうね。

 

そういえば先日のこと、外に干した布団を取り込もうとリビングの窓を大きく開けていたら、ツバメが2羽家の中に入ってきました。ビックリしたのですが、すぐにまた外へ出ていきました。

ここ最近ツバメが飛ぶ姿も見かけるということは、どこに巣を作ろうか探しているのかな?もしかすると、我が家もその候補の一つに入っているということでしょうか?!良いような悪いような・・・

ツバメの不思議

私が子供の頃は、実家の玄関の軒先にツバメが巣を作って、毎年毎年戻ってきました。同じツバメかどうかはわからないけれど、鯖江周辺を覚えていたツバメであることは間違いないんでしょうね。

亡くなったおばあちゃんが、「ツバメが巣を作る家は幸せが運ばれてくるんや」と、本当かどうだかわかりませんが(^_^;)いつも私にそう言っていたような。

純粋な子供の私は、「ツバメの糞が玄関に撒き散らされるのは嫌だけど、その代わりうちは幸せがたくさんなんだ〜」って思っていたものです 笑

実家の家を建て直してからは少し場所も変わったということもあり、全く来なくなりました。それはそれで寂しかったな。

ツバメを見ると、そんな子供の頃の思い出が蘇ってきます。

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。