デザインをとるか、利便性をとるか・・・

昨日は結構降りましたね〜、雪。正直、予想以上でした。12月にしてはかなりの積もり方。しかも水分を含んだ重〜い、重〜い雪。

朝早く家の前を除雪車が通り、大きな雪の塊がドッカンと置かれていたので重い腰をあげて雪かきを30分ほど頑張っていい汗かきました。ふぅ〜(^_^;)30分ほどの雪かきはいい運動になります(笑)

 

雪が降る季節、毎年ほんの少し(いや結構かな…)後悔していることがあるんです。

それは車庫のこと。

車庫

家を建てるときにどんな車庫にしようかすごく悩んで、R型になったポリカーボネート製の車庫を選びました。決め手はデザインでした。白くてオシャレだったんですよ。昔ほど雪も降らなくなったし鯖江の街なかだし大丈夫だろう・・・って思って。雪対応のしっかりした車庫よりもこのR型のほうが高かったような?(うろ覚えですけど) それでもコレがいいって思っちゃったんです、その時は。

でも、甘かった^^;

建てて何年目かに、雪が相当降った年があって放っておいたらポリカーボネートの一部分が重みに耐えられなくて割れてしまったのです(T_T)

修理費用も馬鹿になりません。。。

この教訓を活かして、それからというもの少しでも雪が積もると、せっせと車庫の屋根の雪を落とす作業を怠らないようにしています。この一手間がすごく大事。

 

そんな私たち(というかやるのは夫)、最近ではちょっとした屋根の雪下ろしのコツを掴みました。

竹の長い棒で横の雪を突っついて少し落とす⇒しばらくすると、滑り台のように雪崩れておちてくる

コツと言ってもこれだけ?!(笑)

 

雪国福井ではやはりデザインよりも利便性を考えた車庫が良かったかな〜って毎年思うわけです。ご近所さんどこを見渡しても、雪かきが全く必要としない車庫でとっても楽に見えてしまうから(笑)

我が家のような車庫を買われる方は、雪が降らないところに住んでいるか、降ってもマメに雪かきをすることを肝に銘じたほうがいいかもしれません。

 

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。