みぞれが降る寒い一日、それでも心はぽっかぽか

大根

会社の横の畑で母が育てている大根がそろそろ食べごろだよと顔をのぞかせているよう。。。昨日、ここから1本引っこ抜いて持って帰ってサラダにしたら、みずみずしくて美味しかった!次はおでんにしようかな♬ 本当に幸せです(*^^*)

こんばんは、大石です。寒くて寒くて、朝苦手なのにますます起きれません(;´∀`)

今日も一日が本当にあっという間。早い、早すぎる。あと一ヶ月で、今の注文分ってちゃんと発送できるのだろうか・・・毎年この時季こんな不安を抱えながら(たまに夢にまででてくるのです)無我夢中に毎日を過ごしています。おせち重箱関連の発送はどうしても年末に集中するので気が抜けません。うるしの里河和田全体が、おそらく一番せわしい時季なのです。

そんな河和田ですが、今日のNHKのお昼の番組「ひるブラ」で「発見!隠れた名品”越前漆器”〜福井・鯖江市」ということで、河和田の漆器や職人さんが紹介されていました。今日放送だということをすっかり忘れていたのですが、お昼休みにたまたまテレビをつけていたおかげでしっかり観ることができました。ご近所で生中継されているというだけでもなんとなくテンションがあがります(*^^*)

少しでも越前漆器のことを知ってもらえるきっかけになるといいな〜。

 

さて今日は、摺り漆のお弁当箱の修理をさせていただいたお客様から嬉しいメールをいただいて、寒いながらも心はぽっかぽかだったのです。

一部内容を抜粋させていただくと、

・・・それにしてもこのお弁当箱がない間、プラスチックの弁当箱を使っていましたが、全く見栄えがせず作り甲斐もなく、何とも寂しい気持ちでおりました。たかがお弁当箱でこんな喪失感を味わうとは思っていませんでしたが(笑)、これが手作り、伝統の魅力なんでしょうね。これからも厳しい時代が続くとは思いますが、日本の貴重な伝統を守り続けてください。

 

こんなメールをいただいたら、「あぁ、また頑張ろう!!!」っていう気になりますよ(*^^*)

ほんの少しでもお役に立てたと思うと、それが嬉しい。

漆器修理は、年々ネットでの問い合わせやご依頼が増えていますが、正直これで会社の利益に貢献しているかというとそれほどでもありません(笑)でもね、私はここで学ぶことが本当に多くて、大げさかもしれないけれど、時には感動や勇気までもらえるのです。お客様が喜んでくれることで、私も仕事が楽しくなり、この仕事に生きがいも感じる。こんな私でも、人の役に立てることがあるんだ!って少々の自信まで出てきました。

とか書きながらも、師走は繁忙期で漆器修理をお受けするのが難しいのですが、年明けにはまた新しい漆器修理のご依頼、新しいご縁をいただけるのではないかなと期待しております。というのも1月が一番修理の問い合わせが多いので!

それでは、今日はこのへんで(*^^)v

 

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。