和食を心から愉しむ 馳走飯田

お天気に恵まれた11月最後の日曜日。明日から師走ですね。今週は雪が降る予報が出ており、タイヤ交換も無事済ませました。徐々に冬支度が進みます。

昨日の夜、私が所属させてもらっているどっと混む福井(ネット通販研究会)の忘年会ならぬ望年会に出席してきました。場所は、越前市(旧今立町)の馳走飯田。馳走飯田といえば、なかなか予約が取れないお店として有名ですが、今年のどっと混むの水野会長が半年前から予約しておいてくれたそう。20名という大人数で、和室2間を貸し切りでした。

なかなか予約がとれない和食のお店でどんなお料理をいただけるのか、それはそれは楽しみでした。

 

くじ引きで決められた場所に座ります。
くじ引きで決められた場所に座ります。

布張りのお膳がすごく上品でした。白いタオルのおしぼりもほんのりと良い香り♬座布団座りではなく、最近流行りの座敷用椅子が並べられていて座りやすくてとても快適でした。

望年会に出席された皆さん、とても陽気で楽しい方たちばかり。お食事をいただく前からとても良い雰囲気でした(*^^*)

 

いよいよお料理が運ばれてきました。

●先付(さきづけ)

先付(さきづけ)
先付(さきづけ)

ひろうす(がんもどき)のお出汁がなんともいえず美味しい!!!旨味たっぷりでした。漆器の溜塗りの大きな盛鉢、ひろうすが盛られた割山椒の小鉢、ひょうたんのような形の器、それぞれに美しく最初から感動でした。

割山椒というのは、そもそも秋になると山椒の実がはじけて開いた形を模したもので、秋を感じさせる器です。

 

●椀物(吸物椀)

椀物(吸物椀)
椀物(吸物椀)

蓋付きのお吸物椀にカニしんじょう、しいたけ、よもぎのお餅のようなものが上品に盛られていました。お出汁が身体に優しい。盛り付けが参考になりますね〜。こんな風に我が家でも盛り付けてみようかしら・・・

 

●向付(お刺身)

向付(お刺身)
向付(お刺身)

これまた素敵な装い。なんてお洒落なんでしょうね。新鮮なお刺身が美味しいのはもちろんのこと、蕪の美味しいこと!!!

 

●鍋物

鍋物

出汁にお餅、しいたけ、ネギ、温まったらその上に岩海苔をおいて、一味を少々。まあ、美味しいこと、美味しいこと。この時点で結構お腹もいっぱいになってきましたが、まだまだ続きます。

 

●焼き物、酢の物、煮物

焼き物

屋根に紅葉の葉っぱを載せた屋形船の器。風流ですね〜。

焼き物2

焼き物はブリの西京焼き、もずく、大根の煮物、蒟蒻の味噌田楽、小さい小さい焼き芋、ラ・フランスの生ハム巻・・・黄色く色づいたイチョウの葉 季節感たっぷりです。和食はいいなぁ・・・

 

●揚げ物

揚げ物

里芋、しいたけなど季節の野菜やダダミ(白子)の天ぷらをお塩でいただきました。ミニトマトの天ぷらもこんなに美味しいんだぁって感動でした。

 

●ご飯、止め椀、お漬物

ご飯

ご飯がでてくると、そろそろ終わりですね。お腹いっぱいだけど、盛り方が上品だからなぜか食べれます(笑)

鮭とイクラのご飯、わかめのお味噌汁、お漬物

 

●甘味

甘味

胡麻のアイス、白玉ぜんざい

 

季節を感じながら心から愉んだ懐石料理、そして楽しいおしゃべりで、あっという間の3時間半でした。とりたてて宣伝などしていないお店なのに予約がなかなかとれないというのもうなづけます。

年内いっぱい、座敷はすべて予約で埋まっているようです。カウンターならもしかすると予約できる可能性もあるとか・・・

できればハレの日にまた来たいなぁ

ご馳走さまでした。

 

馳走 飯田
〒915-0242 福井県越前市粟田部町73-1-18
TEL 0778-42-1811
定休日 不定休
※予約は必須

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。