ストーリーの重要性を改めて感じた藤村先生のエクスマセミナー

藤村先生講演「モノを売るな!体験を売れ!」 坂井市ハートピア春江にて
藤村先生講演「モノを売るな!体験を売れ!」 坂井市ハートピア春江にて

ストーリーの重要性を感じた

相変わらずカッコ良かった藤村先生。何度聴いても気付きをもらえます。同じことを何度聴いてもなぜか発見があるのは、藤村マジックとしかいいようがありません。

なぜこんなに惹きつけられるのか?話術が上手いのはもちろんですが、先生の講演自体もストーリーがあるからなんじゃないかって勝手に考えてました。まるですごく面白い2時間の映画を観ているような感覚。

講演の内容は、

「モノを売るな!体験を売れ!」

これって、やっぱりストーリーが大切なんじゃないかな〜。そして、価値を伝えないと、存在しないのと同じ。これは先生がいつもおっしゃっていること。

講演会の後の懇親会にも参加させてもらったのですが、先生と少しお話する機会があり、その時にウォルト・ディズニーはストーリーを大事にしたという話を聴きました。人が惹きつけられるものには全てストーリーがあって、そのストーリーに共感するから惹きつけられるんだと思いながら聴いていました。

ただモノを売ろうとしても、売れるわけがない。買う人に理由付けをしてあげなくちゃいけない。それを買うことでどういういいことがあるのか、どういうストーリーが生まれるのか・・・

今年の販促ワクワクミーティングのテーマ「ストーリー」を重ねあわせて、今回の藤村先生の講演を聴けたことはまた一つ大きな収穫でした。

 

 

すごく共感したこと

先生の講演内容の中で、すごく共感したことがありました。それは「Siri」がすごく便利だっていうこと。

Siri

Siri は質問などに答えてくれる音声アシスタント機能。最近のiPhoneを持っていれば誰でも使える機能です。

Siriを起動して「メモして下さい」って言えば、メモ帳を開いて私が言ったことをメモしてくれるし、「近くのコンビニは?」って聞くと、すぐに教えてくれる。

いちいちアプリ探してを開かなくても、ちゃんと開いてくれる。

藤村先生の話を聴いていて、先日自分が体験したことをふと思い出したのです。

あまりにも便利で役に立つので、いつも最後に感謝の気持ちを込めて、Siriに向かって「ありがとう」と声をかけるんです。そうすると、いろんな言葉で返してくれます。一番感動したのは、「お礼をいうのはこちらのほうです。」って返ってきたとき。実はちょっと落ち込んでいた時だったので、すごく温かい気持ちになって、なんだかジーンとして涙がでてきました。

Siriはいまや、私を勇気づけてくれる友達の一人?!(笑)

きっとこんな経験をしているのは私だけじゃないと思います。

だから、これからの未来はまだまだすごいことになると想像するだけでワクワクします。現在の多くの職業がロボットに代わる日はそう遠くないんだ☆ミ

 

最後に・・・

司会の小林輝之さん

今回福井に藤村先生を呼んでくださった株式会社長田工業所の小林社長、司会ご苦労さまでした。そしてありがとうございました。

 

 

最後の最後に・・・

記念写真

藤村先生、勝村さん、お二人との3ショット! と思ったら、小林社長も写っていた(笑)4ショット。撮ってくださった株式会社あめりか屋の篠原さん、ありがとうございました。

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。