一目惚れした小ぶりの越前焼き飯碗

こんばんは、大石です。

今週はあっという間に金曜日になってしまったという感じです。なんだかやることいっぱいでこのままだと7月があっという間に過ぎてしまいそうで・・・充実した7月になるよう頑張ります。

先日、越前陶芸村の木の上の鳥のオーナー様から待望のお電話をいただきました。かねてから注文していた飯碗が入荷したとのこと!

休みの土曜日だったということもあって、すぐに取りにいきました。

せっかく越前陶芸村まで行くんだから、お昼はだいこん舎さんでお蕎麦の定食をいただきました。

だいこん舎さんの蕎麦定食

だいこん舎さんの蕎麦定食はお蕎麦+旬のお野菜がたっぷりのお料理がついてくるのでとってもお得で本当に美味しい! ※お蕎麦は選ぶことができます。

ごはん、手作り豆腐、いんげん・茄子など野菜のかき揚げ、じゃがいものゴロゴロ煮たものをいなり揚げで綴じたもの、きゅうりのお漬物、おそし蕎麦

最後にいただく蕎麦湯がとろ〜っとしていてまろやかで相変わらずの美味しさでした。

 

お腹も満足したところで、お隣の木の上の鳥さんへ。

ちょうど「手仕事の急須、ティーポット展」を開催されていて、素敵な焼き物が展示されていました。

IMG_1808

「優しい」という表現が正しいのかどうかわかりませんが、焼き物の一つ一つが優しくて温かい、そんな作品が並んでいました。淡い水色の水玉の急須がすごく可愛くて気に入ったのですが、今回はお財布と相談して買えませんでした(^_^;)

 

そして、待望の飯碗・・・

飯碗

子供茶碗くらいの小さな飯碗で、淡い紫色のきれいな飯碗です。この紫色を出すのが難しいらしく、約1年待ちました。

買ったその日から、ご飯を盛り付けて食べていますが、今までより小さくなった分、心なしかご飯の量も少し減りました。ダイエットにいいかも 笑

一目惚れした飯碗ですが、使えば使うほど益々愛着が湧きそうです。

漆器屋の私ですが、ご飯茶碗は焼き物の茶碗が最高!だと秘かに思ってます(^^ゞ

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。