趣味は捨てて夢に見るくらい本気で考える?!ランチェスター経営戦略セミナーに参加して。

どっと混む福井主催のランチェスター経営戦略セミナーに参加してきました。

講師はランチェスター経営戦略第一人者の竹田陽一先生
講師はランチェスター経営戦略第一人者の竹田陽一先生

講師の竹田先生の講演は初めてなのですが、どっと混むのランチェスターの事前勉強会では竹田先生のビデオにそった内容だったので初めてのような気がしませんでした。

それにしても、難しいお話かと思いきや洒落っ気たっぷりの口調で終始ユーモアに溢れていた3時間でした。声を上げて笑ってしまう場面が何度あったことか。。。

 

以下印象に残ったことを少しですがブログに書き留めておきます。

 

☆ずば抜けた知識を得るために、自分にとって必要な本を読もう。

経営には、ルールがある。

資本の力 × 知識・技術 × 労働

このうちの何かが欠けていると弱い。もしお金を使わないなら、ずば抜けた知識が必要。知識を得るための一番安く済む方法は、本を読むこと。勉強しなければいけない。

30歳から一年で15冊のビジネス書を読んでいけば、10年後の40歳で150冊、20年後の50歳で300冊になる。これだけ読む人は本当に少ない。

「この仕事は負けない」ということを35歳までには決めよう。1番になるための新しい武器を見つけたら、すぐに使おう。

 

 

☆自分を総決算する

1番がある会社は強い。1番になるためには趣味も捨てて、本気で夢見るくらいに考えること。

1年以内でできたものはすぐ真似される。真似したものは真似される。3年から7年はかかるので、それだけの覚悟をする必要がある。

小さくても鳥のくちばしになろう❢

 

 

☆好かれて気に入られる努力や工夫をしよう

情報集めを怠らない。観察力を養う。

(男の人は独立物語のような「何をしてきたか」を聞かれると嬉しいらしい・・・女性は?子供のことや孫の話題かな・・・)

有効なのは、手書きのハガキ(ローテクなのがいい!)

↓会場でこの本を買いました。

1枚のはがきでお客様を感動させる本 モデルはがき文77
1枚のはがきでお客様を感動させる本 モデルはがき文77

本の最後に「一枚のはがきで売上を伸ばす十二ヶ条」というのが書かれています。コレ読むと、はがき書かなきゃっていう気になる(笑)そして、最後の最後にハガキが12枚ついてました!よく見ると、帯に「◯すぐに使える新はがき付き◯」って書いてあった(^^ゞ

趣味に没頭する暇があったら、はがき1枚でも書けということですね・・・

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。