改めて気づいた大事なこと

週明けからいろんな業務に追われています。年末が近づいてきたことをようやく実感してきました。毎年のことですが、年末が近づくにつれて頭の中が必死にもがいているような感覚を覚えます。これは充実していると受け止めたほうがいいのか・・・

実は昨日、久々の偏頭痛に見舞われ、しかも夜微熱が出て「ヤバイ!」と思い、風邪薬を飲んで早めに寝ました。しっかり寝たおかげで今朝は頭痛も治まり、日常生活に支障をきたすことなく一日を過ごすことができました。

 

さて、今日はちょっとした会話の中で気づいたことです。

ある小売をしている漆器屋Aさんが、うちが扱っている商品のことで弊社を訪ねてきました。話の流れで、ある別の小売をしている漆器屋Bさんがセンスのいいものを扱っているという話になり、私も「確かにあそこの扱う商品は素敵ですよね〜」と言ったら、

「敵はなかなか手強いな〜」とAさんが言うのです。

という言葉にちょっと違和感を感じた私。確かに同じように漆器を売っている同業者ではあるけれど。

 

人生の大先輩でもあるAさんに思わず言ってしまいました。

「敵ではないでしょう?!同じ産地でお互いに頑張っていて、AさんにはAさんの良いところがあるし、BさんにはBさんの良いところがあるわけで、人と人のつながりで商売してきたAさんを信頼しているお客さんはたくさんいらっしゃるわけだし。そういうお客さんは価格じゃなく、Aさんだから買ってくれる人じゃないですか。」

Aさんも「確かに、そうやな〜」と言ってくださいました。内心、年下の私が偉そうに意見して怒られるかとヒヤヒヤしたけれど・・・

 

横を向いて商売をするのではなく、お客様の方を向いて商売しなくちゃいけないなって思ったのです。

Aさんに言った言葉は、私自身に言い聞かせているようなものです。

「自分だけが」なんて、これから先絶対通用しないと思う。

それよりも、それぞれのお店や会社が自分の強みを出す努力をして、産地全体が活性化することが一番望ましいこと。

だから私は、私達の会社がどうあるべきかを真剣に考えています。

 

うちは小さな会社だけど、心だけは豊かでありたい

 

そんなことを思った日常の一コマでした。

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。