すべり止め加工のお盆について

こんばんは。台風の影響で雨風が激しく、すごく寒い一日でした。

もうそろそろヒートテックかな・・・

扇風機もかたづけなくっちゃ。というか、先週まで30度近くあったのですよね?!今日は最高気温17度。これだけ温度差があると身体もついていけなくなりそうです。

こうやってパソコンのキーボードをたたいている指先が冷たくて、手袋が欲しくなってきましたw

 

今日は、「すべり止め加工の定食盆」のことで、あるお客様から言われたことを書きます。

 

最近では、飲食店で使われるお盆がすべり止めになっているものが普通に出まわっています。運ぶ時に便利だということで、すべり止めの塗装加工を施しています。表面が「にちゃっ」とした感じの加工です。ゴム状の弾力性があります。

当社では、すべり止め加工のことを「ノンスリップ加工」と呼んでいますが、たいていのお盆にこの加工を施すことができます。

良いところは、滑りにくいこと

だけど、今日電話で話したお客様いわく、

「水滴がついたコップは、すべり止め加工のお盆でもよく滑る。いや、何もしてないお盆よりもつるつる滑るんだよ。」

水滴がついたコップはよく滑るそうなんです。

コップの底についた水の膜が原因で、効果が発揮できないのでしょう。

これは、油膜も同じこと。以前、別のお客様から「買ってから、あまり経ってないのにすべり止め効果がなくなった」とクレームがきたことがありました。この時は状態を見たくて1枚送ってもらったのですが、お盆の表面に目に見えない油膜ができていて、食器用洗剤を使ってスポンジで落としたら元のすべり止め効果が蘇ったということもありました。

 

というわけで、今日電話でお話したお客様は、普通のお盆を注文されました。

すべり止め加工といっても、種類もいろいろあるのですが、価格も高くなるのに逆に滑るのでは話になりませんものね。

 

実は私も、違う意味で「すべり止め加工のお盆」があまり好きではありません。

塗り替え修理が普通の塗りのものよりややこしくて、密着も悪いのです。ヘタすると修理できない場合もあります。

別に修理することなんて考えてないから・・・という場合はどうでもいいことなのですが(^_^;)

塗り物は必ず剥げるもの。塗りなおして使うというお客様も多いのです。

 

これは便利!と思っていても、必ずしも便利ではないという「すべり止めのお盆」

どちらにしようか迷われている方は、私で良ければ相談に乗ります。

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。