だいこん舎さんの「マコモダケ」づくし定食

だいこん舎

 

お友達を誘って、宮崎陶芸村のだいこん舎さんにランチを食べに行きました。陶芸村ではちょうど陶芸村秋祭りが開催されていて、たくさんのお客様でした。

 

だいこん舎さんといえば「お蕎麦」。もちろんお蕎麦目的で行ったわけですが、季節のランチ定食がオススメ。

今回は、「マコモダケづくしの定食」。マコモダケって滅多に食べたことがないので、旬のものを食べれるのは嬉しいですね。

まず運ばれてきたのが、マコモダケを煮物、焼き物、揚げ物、そしてマコモダケご飯。すごい、本当にマコモダケばっかり!!!

マコモダケづくし

 

小さ目のお茶碗にモリモリ一杯のマコモダケご飯。筍とよく似たような食感で秋の筍ご飯といった感じで、とっても美味しかったです。

間もなく、おろし蕎麦も運ばれてきました。

マコモダケ定食 だいこん舎さん

 

ご飯と焼き物を食べてしまってからの定食写真ですみません(_^_)

おろし蕎麦は、大・中・小から選びます。今日は「小」で注文しました。でもこれで私はお腹いっぱい。最後にまったりと香りもよい蕎麦湯をいただいて大満足。毎日食べたいような優しいお料理を堪能しました。

 

だいこん舎さんのお隣の建物「洗心庵」の入り口入ってすぐのスペースが陶芸ギャラリーになっていて、とても素敵でした。お店の名前は「木の上の鳥」かな。看板がありましたので。間違ってたらごめんさい。お店の中に、大きな木のテーブルと椅子が置かれていて普段はコーヒーも注文できるそうですが、今日は陶芸祭りで人手も足りなくて、コーヒーはお休みだということでした。

木の上の鳥

 

外は緑に囲まれているし、中は写真の通り。とても落ち着く空間です。

 

だいこん舎さんのブログを覗いたら、ギャラリーとお店は「木の上の鳥」だそうです。

美味しいお蕎麦を食べて、コーヒーを飲んで、ゆっくりしたいな〜って思う方は是非足を伸ばしてみてくださいね。

 

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。