ウチの子は天才?!って思ったことありませんか?

こんばんは!昨日と今日、バスケの県民スポーツ祭で、娘たちの高校が最終日まで残り、見事3位入賞しました。

娘は2ヶ月前に引退しているのですが、他の3年生はこの大会まで頑張って練習に励んでいました。大会のみとなりますが、すでに引退の身の娘もこの大会はユニフォームを着てベンチに入らせてもらいました。3年生本当に最後の試合、私も応援に行って来ました。最初のクォーターから調子が良くて、集中力がすごかったんだと思います。気持ちのいい試合をみせてもらえて本当にありがとう。そして、最後のクォーター、最後の2分間、ほとんど練習していないにもかかわらず、娘も試合に出させてもらい、しかも1シュート決めさせてもらいました。これで本当に高校バスケはおしまい!本当にありがとうございました。

 

今日は、CMを見ていて子供が小さい頃のことを思い出したことを書きます。

 

上の子が1歳〜1歳半くらいだったと思います。片言話し始めて、よちよち歩いて、一番目が離せなくて可愛いとき。

ある時、TVのCMを見ているときに指さしながら、

「ソニー」

って言ったんです。

TVのCMは確かにソニーのCMだったんだけど、指さしていたのは、テレビそのものについている「SONY」のロゴでした。

あっ、この子「SONY」がわかるんだ!って驚きました。それでいろいろ家電製品とかについているロゴを見せて、「これは、SHARPだよ。」とか「これはTOSHIBAだよ」とかって教えていたら、どんどんロゴを覚えていって、自分でわかるロゴは指さしながら言葉に出したりと、ロゴを覚えることがマイブームのようになっていきました。

ウチの子はもしかして天才?!って思っちゃった(笑)

冷静に考えれば、たまたまロゴに興味があっただけのことです。

でもね、その時は本当に子供って凄いなぁ〜って思いました。こんなにどんどん吸収していくんだ・・・ってね。

このロゴ覚えの興味はいつまで続いたかわかりませんが、その後、トーマスシリーズを全部覚えたり、デジモンやポケモンにハマって、ごく普通の小学生になっていくのです。

 

自分の好きなことはとことん飽きるまでやる。飽きなかったらいつまでも気が済むまでやる。興味のないことは言われてもやらない。

子供は正直です。

でも、大人も本当はそうなんだと思います。ただいろんなブレーキがかかったり、他人の目が気になったりするだけ。

子供から学ぶことは本当にたくさんありました。とりたてて何が凄いということはないけれど、それでもいろんな発見の連続でした。

子供はみんな天才なのかもしれませんね。

そう思うと今頃ですが、自分の心に余裕がなくて、自分の感情に任せて子供を怒っていたこと(今でもかも・・・)をちょっと後悔してます。

失敗の連続だけど、失敗から学ぶ生き方になるよう努力しよう。

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。