たかがプロフィール、されどプロフィール。松本賢一先生による魔法の表現力講座

鯖江IT塾主催の公開セミナーを受講させていただきました。

講師は松本賢一氏(満足度日本一のセミナー講師、社会人落語家、心理カウンセラー)

松本賢一氏
松本賢一氏

鯖江商工会議所から講座の案内がFAXで送信されてきた時、そのタイトルに惹かれ、すぐに申し込みました。

タイトルは「あなたの夢を叶える魔法の表現力講座」

なんだかわくわくするような講座名ですよね!受講する前からすごく楽しみにしていました。

 

プレゼンテーションの先生でもあり、落語家でもある松本先生の話し方は、さすがにテンポがよく、最初からぐっと惹きつけられました。

2時間のセミナーで印象に残ったこと

ブログはテーマを決める

ブログは個人の人となりを表すもの。たとえ同業者とテーマが被ったとしても表現者が変われば全く違ってみえる。相手にわかりやすいように、相手のことを考えて書く。

また、画像は重要で感情を込めてアップする。画像をアップする際に、ある程度自分なりのルールを決める。例えば他人が見て不快に思うようなものはアップしないといったような・・・

同じことを繰り返しても表現力は育たない。

 

想いのページは自分の言葉で書く

自分が本当に思っていることを伝えないと何も変わらない。下手くそでもいいから、自分で書くことが大事。

 

たかがプロフィール、されどプロフィール 相手の心をつかむ大事なツール

今回はこのプロフィールの部分が一番心に響いた。
プロフィールは自分の自慢を書き並べるものではない。自慢ばかり並べていても誰の心にも響かないどころか嫌悪感を生むことになりかねない。自分ができること、得意なこと、好きなことを如何に上手く伝えるか。

 

最後のワークで、本の中から無作為に選んだお題が与えられ、そのお題についての内容を3分~5分で相手に伝えるということを体験しました。私が与えられたのが、「魂に惚れた」。1分間考える時間が与えられ、二人一組になって相手に話すというワークでした。急にポンと与えられたお題で3分話すのは至難の業です。松本先生の会社では、その訓練を2週間に1回社員全員でされているとのこと。何回か繰り返すことでおおよそ3分で話せるようになるのでそうです。これは、練習しかないとのことでした。先生のように話のプロでも、とにかく何回も何回も練習するのだそうです。ある落語家の師匠は、「アホほど練習する」と言われたとか。相当な努力を積み重ねることで天才になる、そんなことを思いました。

 

先生のDVDも売られていたのですが、お金を充分に持ちあわせていなかったため残念ながら購入できませんでした。

ということで、実はふくい産業支援センターでも8月に松本氏の一日講座があり、そちらも早速申し込みをしたので、その時にDVDを購入しようと思います。

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。