京都・南禅寺周辺で湯どうふを楽しみ、そのあと南禅寺へ行きました。

2012年11月10日、京都の旅行シリーズの最終回です。

今までの記事はこちら↓
■ 千本鳥居で有名な伏見稲荷
■ 広い庭園で美しい銀閣寺
■ 哲学の道から永観堂へ

永観堂を参拝・観光した後は南禅寺へ向かいましたが、お昼2時過ぎ・・・たくさん歩いてお腹も空きました。南禅寺周辺で食べるとしたら、やはり湯どうふでしょ~ということになり、湯どうふ懐石をいただきました。

湯どうふ懐石

メインの湯どうふの前に、山椒のみそ田楽、胡麻豆腐、とろろ。どれも優しいお味で美味しかったです。

京都の湯どうふ

大きなお豆腐がごろごろ入っていて、ポン酢でいただきました。う~ん、美味しい!

この後、お野菜の天ぷら、ご飯、漬物が・・・最初はこれでお腹いっぱいになるのかな???なんて思っていたのが嘘のように、かなりいっぱいいっぱいで、本当に美味しくいただきました。

 

湯どうふを食べた後は、本来の目的の南禅寺へ。一休みしたら、ちょっと疲れた感がでてきてしまいましたが、頑張って歩きましたよ。

南禅寺三門

有名な南禅寺三門(山門とも書き表すそうです。) 絶景かな、絶景かな・・・で有名ですね。

南禅寺の紅葉

11月初旬、紅葉も進んでいました。

 

南禅寺 水路閣

こちらが、テレビのロケ地にもよく使われるという水路閣。こちらのもみじもこれからどんどん紅葉していくようです。

 

こうして今回の目的地はすべて制覇し、存分に京都の秋を楽しみました。来年も京都の秋を楽しむことができるかな~???

つきあってくれたお友達には本当に感謝の一言です。

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。