ご注文いただいた木製の重箱が仕上がってきました。

お正月まで2ヶ月と10日ほど

お客様からご注文いただいた木製漆塗り重箱が先月仕上がってきました。

turu juubako

木製二段重 溜(ため) 沈金鶴

業務用の樹脂製重箱を中心に販売している当社ですが、個人のお客様から木製の重箱の注文をいただきます。といっても、この時期は木製重箱の今年分の注文は生産の都合上お受けしていません。万が一仕上がったとしても漆の乾きの問題、臭いの問題がありますので。年明けからでしたら来年分のご注文を承ります。

木製の良いところは、好みの大きさ、好みの塗り、好みの加飾など、自分のこだわりを存分に形にできることです。なによりも木製ならでは、手塗り漆ならではの良さを堪能できます。

皆さんは手作り派ですか?買う派ですか?それとも食べない派?

 

 

 

毎日の更新の励みになりますので、みなさんの1票をよろしくお願いいたします。

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。