漆器の扱いが短かになった言葉

先日お越しいただいたお客様から、貴重なお話をうかがい、あまりにも感心したのでFBページに投稿しました。

投稿内容

ーーーーー
漆器の扱いは面倒だって思っていませんか?
漆器は自分の手を洗うのと同じだって考えてみましょう。

手に泥がついていたら石鹸を使って水で洗うように、漆器のお椀も汚れていたら洗剤を使ってスポンジで洗います。
たわしで手を洗わないように、漆器もたわしで洗いません。

洗った手はタオルで拭くように、洗い終わったお椀も布巾で拭くだけ。
ずっと濡れっぱなしにはしておきません。

人間の皮膚も漆器も紫外線が苦手です。

漆器も人間と同じなんです。
ーーーー

これは、大阪の漆器屋さんの営業の方がおっしゃったそうです。

確かにその通りですね!長年漆器屋として働いている私もとっても納得のお話でした。

この言葉で、漆器が短かに感じることができるようになったとおっしゃってました。

私もこれからこの言葉で説明させておらおうと思いました。お客様から貴重なお話を聞くことができてラッキーでした。

20130907-190839.jpg

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。