捨てようと思っていたものが「良いもの」に見えてくる時

めまぐるしかった四月もそろそろ終わろうとしています。もうすぐゴールデンウイークですね~!

今年の連休は、一日くらいは読書したり編み物したりしてのんびりする日を作り、後は本格的に断捨離を実行しなくっちゃと思ってはいますが、どこまでできることやら・・・

さて、今日は漆器修理に関するご相談をいただいて、その気持ちわかるな~って思ったことを書き留めておきます。

続きを読む 捨てようと思っていたものが「良いもの」に見えてくる時

モノの価値は所有者が決めること。他人の私がどうこういうことではない。

漆器の修理も気が付くと4年目に入ってました。⇒漆器修理ご相談下さい。

今年に入ってからコンスタントにお問い合わせをいただくようになってきて有難いことです。私もずいぶん応対に慣れてきて、2012年に始めたころなんて、送られてくるたびに「これ、直るんだろうか・・・」とか思うことが多かったのですが、おおよその判断もつくようになってきて(*^^*)経験って大事ですね!

まあ、何十年も漆塗り一筋で生きてこられた職人さんあっての私のお仕事なので、感謝してもしきれないくらい。これまでにどれだけ職人さんのところへ通って教えを乞うたことでしょう・・・なんせ知らないことだらけ^^;

続きを読む モノの価値は所有者が決めること。他人の私がどうこういうことではない。

素敵なお仕事ですね

ポットホルダー

ここ最近ハマっているかぎ針編みのポットホルダー。水色と黄色とオレンジの同じようなものを編みましたが、少しずつ大きさが違います。編むときの手が一定していないということでしょう・・・

同じもの編んで、飽きないの? 同じものばっかり編んでどうするの?

こんなことを娘に言われましたが、練習だからいいんです。いつか誰かにプレゼントするんだから(*^^)v

 

お客様からのお手紙

漆器修理のお客様からアンケートの返信をいただくのですが、今日もまた嬉しい一言が書かれていました。

屠蘇器の銚子を全て綺麗に塗り替えて、持ち手の部分の金具がとれていたのを新しく交換させてもらったお客様からです。

買い換えようかどうしようかすごく迷われていたそうです。ネットで調べて、私たちの漆器修理のホームページを見てくださって、修理することを決められました。

今年の1月にお預かりして約2ヶ月で完成した銚子。

全て塗り替えて美しい仕上がりだったのですが、それを手にとったお客様はとても感動されたようです。

そして、最後の最後に

「素敵なお仕事ですね。」

と締めくくっていただいてました。

 

そうなんです。素敵な仕事なんですよ、本当に。

手間はかかって大変なことも多いけれど、職人さんは文句一つ言わず請け負ってくださるし、こんな風に感謝し喜んでいただけるお客様がいらっしゃるんですもの。

ありがとうございます。本当に本当にありがとうございます。

 

嬉しいお手紙 お客様が教えてくれるアンケート

IMG_3953

今日のお弁当 あまり変わり映えしないおかずなのでおにぎりで変化をつけるようにしています。今日のおにぎりは、みそ風味のごまふりかけのおにぎりと昆布の海苔巻きおにぎりにしてみました♫

こんばんは、大石です。各地で大雨の被害が出ているようで心が痛みます。10年前の福井豪雨で会社が水害に遭った経験があるので、本当に他人事とは思えません。どうかこれ以上被害が出ませんように。。。

 

今日は嬉しいお手紙をいただくというブログ

漆器の修理をさせてもらって、アンケートにご協力いただいたお客様から返信をいただくということが増えてきました。私の中では何よりも心ときめくお手紙です。今日も嬉しいお手紙が!

実際アンケートなんて面倒なことなのに(しかも手書きのアンケートをお願いしているのに)、いろんなことを書いてくださり、とっても感謝しています。

書いてくださった内容はすごく勉強になります。お客様がどんなことで悩んでいらっしゃったか、どんな風に思っていらっしゃったのか、現在の感想など、たくさんいろんなことを教えてもらってます。

 

「お客様視点に立って考えてみる」と言われますが、なかなかそう簡単にはいかないのです。

その点、お客様アンケートは自分が考えなくても全部お客様が教えてくれるんですもの。

 

一生懸命取り組んでいるつもりでも、失敗することもあるし、思い通りにいかないこともあるけれど、「またお願いします。」と言っていただけるのはすごく嬉しいです。

「所詮修理だから・・・」と考えて修理するのと、「精一杯できることをしてお客様に喜んでもらおう」と考えて修理するのでは、全然違ってくると思うのです。関わってもらっている職人さんは、もちろん後者の方なので、本当にありがたいことです。

これからもコツコツコツコツ喜んでもらえるように精進しますので、漆器の修理に関することでお悩みの方はご相談くださいね。

漆器修理のサイトはこちらです。

 

 

感謝のやりとり

社会人になって間もない頃、会社の中で何をしようか?と考える暇もないほど毎日が忙しい日々でした。それこそ次から次とやることがあって、目の前のことに集中さえしていれば良かったのです。それはそれで充実した毎日だったと思います。

時代は流れて、受発注業務もシステムのおかげでずいぶん便利になり、会社自体一時の勢いもなくなると以前のような忙しさはなくなりました。

ここでようやく、『自分は何がしたいんだろう?』と考えるようになったのです。

まずブログを始めてみました。

ブログで漆器の修理例を紹介したのをきっかけに問い合わせが来るようになり、修理のサイトを立ち上げて2年が経ちます。

やり始めて分かったことは、正直予想以上に大変で、私自身まだまだ知識が足りないということでした。いろんな失敗や壁にぶち当たり、それでも職人さんたちと何度も話して色んなことを聞くうちにたくさんの発見があり、何よりお客様から『ありがとう』というお言葉をいただけるやりがいのある仕事だと今では思ってます。

こんな私でも人の役に立つんだと思うと、大変でも頑張ろうという気持ちになります。

漆器の修理で問い合わせをして下さるお客様は困っている方たちなんですから。

面倒なことでも、一つ一つ心を込めて取り組んでいこうと、今日もお客様からのお手紙を読んで思いました!