漆器のお手入れ-寝かせておくということは、使わないでおくということです。

漆で塗った塗り物製品は、

「しばらく寝かせておく」

という言い回しをします。

「しばらく寝かせておく」というのは、しばらく放置しておくということを表わします。

箱に入ったままでも結構ですので、しばらく使わないでおくことをお勧めします。

塗りたての漆は、乾いているように見えても、完全に乾ききっていません。

完全に乾いていないお椀に、熱い汁物などを入れると、漆の変色の原因にもなります。

 

それでは完全に乾くには、どれくらいかかるのでしょうか?

余裕を見て、半年は「寝かせておく」といいでしょう。

漆は塗った時の温度・湿度によって、乾き具合なども違ってきます。なかなか上手く乾かない時期もあれば、そうかといって早く乾けばいいということもありません。早く乾きすぎるのもよくないのです。梅雨前の5月くらいの温度・湿度が漆にとっては一番良いそうです。

漆の乾き具合とともに、臭いもだんだん薄れてきますので、漆の臭いが気になる方は、充分に乾いて、臭いが薄くなってからお使いいただくのが理想です。

乾いていくのと同時に、朱色や溜色などは、どんどん明るく変化していくのも漆の特徴です。

 

漆は生きているということですね。

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。