私がブログを書く理由

ちょっと前に書いた「私がブログを始めたきっかけ」に続く続編記事です。すぐに書くつもりだったのに、少し間が空いてしまいました。

 

ブログを書き続けること

ブログ道場がきっかけでブログを始めた頃は、まずは記事数を増やすことが一番の目的でした。文章を書くことに慣れるためだと解釈して、結構頑張って書いていました。まあ、2年半経った今もなかなか思うような文章は書けませんが^^;

最初の頃は、今日は何を書こうという義務感みたいなものに悩まされることもあり、正直くじけそうな時もありました。「書かなければならない」と思うこと自体が受身の考えなんですが、慣れないうちは仕方がないこと。それでも続けてこれたのは、他の受講者の方のブログで自分も頑張ってブログを続けようという気持ちも出てきたし、もしかして逆に私が書き続けることで他の人にも続けようと頑張る気持を持ち続けてもらうこともできるんじゃないかと思ったからです。何より講師の遠田先生は毎日更新されてますから、それが一番の励みになりました。

 

 

私のブログのテーマは「私の日常」

ブログを書いている人は、それぞれに自分のブログのテーマがあると思います。

このブログに落ち着くまで、何度か考えを改めてきました。そもそも最初からしっかりしたテーマを持っていなかったことが原因なのですが、お恥ずかしいことにブレブレな甘い考えだったわけです。

でも、今ようやくブログに対する考えがまとまってきました。(2年半も経ってようやくです・・・)

とはいっても、実際書いている内容は、仕事のことだったり、関心のある出来事だったり、セミナーなど学びの体験だったりと、なんのことはない私の日常です。ブログ道場でブログをビジネスに活用するという講座を受けておきながら、落ち着いた先は日常ブログだったわけです。

 

実はビジネスブログも書いています

最初のころは「キーワードを決めて、検索してもらった時に私が書いたブログに辿りついてもらって問い合わせをゴールにする」ブログを何本か気合いを入れて書いていました。もちろんそこそこ結果も出て、結果が出るとまた頑張る。なんだか自分に対する挑戦状のような気持ちで書いていましたが、ちょっとそのへんは独立させて鍛えたほうがいいんじゃないだろうかと考えが変わってきたのです。

ブログを書くことで何をゴールにするか?誰に向けて書くのか?

ようやく、この意識がしっかりしてきたわけです。

MT(ムーバブルタイプ)ブログを初めて1年半くらい(記事数にして300記事くらいだったと思います。)のころ、一番問い合わせが多かったのが漆器の修理に関する事でした。

漆器の修理に関して特化させるといいかもしれない。

そう考えて作ったサイトが漆器の修理、ご相談ください!というみんビズで作った漆器修理専門サイトです。

いくつかの事例や修理に関するQ&Aなどを作り、サイトの中でブログを書くことで更新頻度を上げ、記事数(ページ数)を増やしていきました。最初にたてた目標は月5件の新規お問い合わせでした。昨年5月の連休明けから本格的に意識して書き始め、最初のお問い合わせは1ヶ月も経たないうちに北海道の個人のお客様からでした。そのお客様から送られてきた重箱を修理した経緯などを修理例にアップしたことで同じような重箱修理の依頼が次々と舞い込む結果を生みました。

漆器修理サイトで書くブログの内容は電話やメールでお客様からいただいた質問内容だったり、修理の経過報告だったり、修理していて気付いたことだったり、まさに漆器修理のことが中心になっています。自分が漆器屋としてこだわっていることが必ずしもお客様にとってはこだわりではなかったり、逆のパターンもあったりと、発見の日々でこれがまた楽しいと思えるのが有難いことです。

漆器の修理に携わるようになってから変化がありました。それは修理をしてくれる職人さんとたくさん話をするようになったことです。依頼主のお客様と修理する職人さんを結び付けるのが私の役割なのです。いかに正確に伝えるかが重要なので、自分がわからないことは正直に聞くようにしています。漆器屋の娘に生まれて何年もこの仕事に携わっているのにもかかわらず知らないことが多すぎてなんと恥ずかしいことなんだろうと反省の毎日ですが、ひとつひとつ嫌がらず教えてくれる職人さんには感謝してます。でも、こうやってコミュニケーションをとることがすごく大事なんだとつくづく思うのです。

お問い合わせ目標:月5件は、早々とクリアしました。現在は月平均20件~30件ほどですが、レストランなどのお店で使っている漆器から家庭で使っている重箱やお椀までさまざまです。ちょっと変わったところでは、ある大学の研究室からお盆の滑り止めについての質問だったり、某テレビ局の某番組担当の方から漆器の修理に関する質問などがありました。

ブログで発信することで、思いもよらないことも時には起こります。大変だと思うことももちろんありますが、やらなかったら現在のような動きはゼロだったわけですから。

問い合わせなどの動きが出てくることで、ブログに反映できて、また次につながるという好循環につながりました。

 

このブログの役割

昨年の8月にMTブログから引っ越して心機一転始めたこのブログの目的はビジネス活用ではありません。私の日常ブログです。

このブログは株式会社ヒロセという会社を信用してもらうためのブログとして位置づけました。本当は社長である主人がブログを書いて会社の信用を得るのが一番なのでしょうが、こればかりは本人のやる気の問題もありますので。いつかそんな日がくるといいなと密かに思ってます。

それからもうひとつ、セミナーや仕事を通じて知り合った方や私に興味を持ってくれた人とつながるためのブログでもあります。学んだことに対して「ありがとう」という気持ちをブログの文章で伝えたり、おでかけして感動したモノやコトを書くことで誰か一人でも共感してくれたり、私が書いた記事で何か役立つことがあったりすると嬉しいなと思って書いています。

ブログの役割が決まったら、あとは書きたいことを書くだけ。ブログ記事の内容によって「誰に」という部分も違ってきますが、どの記事を書くにしても誰に向けて書くのかを意識するようにしています。時には自分に向けて書いているときもあります。

 

私がブログを書く理由

なんだかんだとここまで書きましたが、まずは自分のためです。

最初はビジネスに少しでもつながるといいなと思って書き始めました。でも書き続けるためには義務感にしばられていては嫌になること間違いありませんし、義務感いっぱいのブログを読んでも誰にも何にも響かないと思ったのです。だから、キーワードを決めて書くときは一種のゲーム感覚で自分のブログが1番にくるかどうかをゴールにしてワクワク感を保ち続けるようにしました。

昨年のブログ道場プレセミナーで、私にとってブログを書き続けることは毎日のお弁当作りと一緒だと発表したのですが、今もその気持ちは変わりません。お弁当作りは間が空くと面倒なものですが、不思議と毎日作るのは苦にならないものなんです。ブログも同じで、できれば毎日更新することで面倒なものではなく、日常的なものと位置づけできるようになりました。

ブログを書くことは甘い自分に対する挑戦であり、昨日の自分より今日の自分、今日の自分より明日の自分がちゃんと前に向かって進んでいるかという確認だったりもします。

ブログを書くことで急に何かが変わるわけでは決してありません。

でも、書き続けることで気がつくとじわじわと良い効果を生み出していると実感しています。自分の意識が変わります。心が豊かになります。以前よりありがとうと思えることが多くなりました。自分が幸せになることで、周りのみんなも幸せになるといいなと思えるようになりました。

まずは続けること。(これは自分に言い聞かせています。)

ブログを書こうかどうしようか迷っているひとは、とにかく書き続けてみるときっと何かキラッと光るものが見つかるかもしれません。

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。

「私がブログを書く理由」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。