下地工程 味噌汁椀を作る7

味噌汁椀を作るシリーズその7 下地の工程です。

前回のブログは「木地固めの工程 味噌汁椀を作る6

木地固めの工程が終わったら、今度は錆付けをしていくのですが、その前にお椀の内側の底に布を貼ってより丈夫なお椀にします。

 

布着せ

布着せ用の布です。この布を漆で貼り付けます。漆が接着剤代わりになるんですね。

 

↑こんな感じで布を貼ります。

この工程を「布着せ(ぬのきせ)」と呼んでいます。

このように、痛みやすい弱い部分に布を貼って補強することで、より堅牢なお椀に仕上げることが出来るのです。

 

 

↓お椀の外側 ※木地固めをしたあと、綺麗に研ぎを施したお椀の写真です。

全体に同じように漆を染みこませても、このように色の濃淡が出るのは、天然の木の素材ならではですね。

 

下地

地の粉といって、珪藻土を焼いて細かくしたもので、下地を行います。二辺地・三辺地となっているのは、細かさが違うからです。

粗いものから、より細かいものを塗り重ねていくことで、丈夫でなめらかな下地を作ります。

 

下地用のへらも、職人自らが作ります。

なめらかな曲線を描いているお椀のような形状は、その角度に合わせて、いくつかのヘラを使い分けなければいけません。

 

地の粉と生漆と米糊を混ぜ合わせます。

 

ヘラを使って、器用に塗り重ねていく職人さんの作業は見事で、ただただ感心するばかりでした。

 

お椀の高台の中は、それに合った小さいヘラを使います。

 

内側の布着せの部分 ※左は下地前のもので、右は下地を施したもの

 

こうして、下地を施すことを、本堅地(ほんかたぢ)と呼び、最高級のお椀に仕上げます。

見えない部分にどれだけ手をかけているかで、丈夫さが違ってくるのです。

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。