お椀の形を作る(荒挽き) 味噌汁椀を作る3

2016091401

石川県加賀市の白鷺木工さんへお邪魔して、お椀の荒挽きの工程を順番に丁寧に説明していただきました。

 

1 製材する前の木材

2016091402
栃、欅

 

2016091403
水目、桜

 

欅

時間(月日)が経つと、赤茶色っぽい色から黒っぽい色に変化していきます。

こちらでは、欅(ケヤキ)が8割で、残りが栃・水目・桜などだそうです。栃や水目はなかなか手に入らないということがわかります。桜の木は乾燥する間に一番変形しやすいとおっしゃってました。

 

2 輪切りにする

2016091405

機械を使って、ある程度の長さで縦に切ります。

 

2016091406

更に、輪切りにしていきます。

 

2016091407

輪切りにした状態

 

3 さらに切る

2016091408

丸い円を鉛筆で描いていきます。ここで注意しなくてはいけないのは、ヒビを避けること。中心部分は必ずヒビがあるので使えません。外側に向けてヒビが拡がっている部分も使えません。

 

2016091409

円を残して切り分けます。

 

2016091410

手際よく、どんどん切られています。

 

2016091411

八角形から十角形くらいにまで切っていきます。

 

4 さらに加工してお椀の形に近づく

2016091412

奥に積み上げられた材料を手前の機会で加工していきます。

すると・・・

2016091413

外側がお椀の形になりました。

次は内側のくり抜き作業

2016091414

機械であっという間です!

これで荒挽きの工程は終了です。

 

5 乾燥

2016091415

専用の乾燥室で、きれいに積み重ねて乾燥させます。約3週間くらい乾燥させるそうです。乾燥させることで重さはずいぶん軽くなります。

乾燥しているうちに変形したり、ヒビが入ってくる場合もあるそうですが、そうなった場合は処分するしかありません。天然の木材ならではですね。

しっかり乾燥させることで、丈夫なお椀になります。

 

 

仕上げ挽き(白木地)

白鷺木工さんでは、7,8年前から仕上げ挽き(白木地)の工程も手掛けるようになったそうです。

そちらの作業も見学させていただきました。

2016091416

内側を仕上げに近い形にしているところ

 

2016091417

奥の厚みのあるものから、手前のような薄さに削られています。

 

 

 

2016091418

こちらでは表面をきれいに磨く作業

2016091419

触ってもつるっとしたきれいな白木地に仕上がりました。

 

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。

「お椀の形を作る(荒挽き) 味噌汁椀を作る3」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。