職人さんが貸してくれた永六輔さん著書「職人」

ここ数年で、大先輩の職人さんたちと話す機会がグンと増えました。これも、漆器修理に携わっているおかげです。

先日、ある職人さんが「この本、すごい良かったんや。興味あるなら読んでみるか?」と持ってきてくれた文庫本。

永六輔さん著書「職人」

この本を貸してくれたのは80歳近くになる河和田の職人さんなんですよ。

今、半分くらい読み進めています。

職人語録なるものが書かれているのがなんとも面白いのです。

「あぁ、こんなこと言ってる職人さん、いるよね〜。」とか思いながら。

 

こんな一節がありました。

職人の仕事を支える職人の道具をつくっている職人が、滅びつつあるんです

私たちの産地でも起こっていることです。

木地師が作る鉋を作る「鍛冶屋」がいない。蒔絵師の筆を作る職人がいない。

 

とにかく、一気に読めてしまいそうな一冊です。

 

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。