「ラプラスの魔女」読みました

東野圭吾さんの「ラプラスの魔女」を一気に読みました。今年は、1ヶ月に最低1冊は本を読むという目標を立てています。今月も目標クリアできて良かった。

相変わらず、読みだすと止まらないストーリー展開でした。

人物の相関がわからなくなっちゃうので、週末の夜余裕のある時に一気に読める日を見計らっていました。

 

 

Amazonのレビューを見ると、評価が分かれているような感じですが、私にとっては最後まで眠くなることもなく飽きさせない展開だったし、楽しんで読めました。

ただ、なんとなく最後は物足りさなさを感じました。

東野さんの作品でまだ読んでない本でも買って、今回の物足りなさを満たそうかな。

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。