【初詣】そうだ、京都へ行こう! 伏見稲荷大社

京都へ初詣

お正月、いかがお過ごしでしたか?

年末から元旦にかけてハードだったのですが、2日目からはゆったりとしたお正月を過ごしている大石です。おせち料理やお雑煮をいただいたり、届いた年賀状を楽しく眺めたり、箱根駅伝を応援したり・・・日本のお正月はいいなぁと改めて思っております(*^^*)

だけど、今年はまだ初詣に行けてない?!お正月3が日も過ぎようという3日の夕方に、ふと思ったわけです。

近くの神社でお参りしてこようかとも考えたのですが、翌日4日も仕事は休みで、しかもたいした予定も入っていないので、重い腰を上げて京都まで行ってみようか!という突然の思いつき(笑)

 

そんなわけで、前日決めたプランを実行すべく(というか、ほとんどノープランでしたがw)、4日の早朝に鯖江から京都に向けて出発しました!運良く?娘がこの初詣プランに付き合ってくれるということで、女二人旅(*^^*) ※娘は新年に財布を新調したいらしく、お買い物したい願望のほうが強かったようですが・・・

 

商売繁盛の神様 伏見稲荷大社へ参拝

鯖江から京都までどんな手段で行ったのかは、また別ブログ記事で投稿することにして、

まず向かったのは、伏見稲荷大社

伏見稲荷大社に初詣に向かう大勢の人
伏見稲荷大社に初詣に向かう大勢の人

商売繁盛の神様が祀られている伏見稲荷で、感謝と今年一年の誓いを胸にお参りしてきました。京都に初詣に行くと思いついた時、ここだけはお参りに行こうと決めてました。

 

おみくじ

神社に初詣といえば、やっぱりおみくじは引いてみないとね。

吉凶相半
吉凶相半(きっきょうあいなかばす)

吉凶相半って何??? 吉と凶が半分半分っていうことでしょうか???

知識と教養が備わってない私にはよくわからないのですが、揺れ動く私の心を見透かされているような内容が書かれていて、妙に納得してしまったのでした。いや、マジで一番痛いところをつかれた感じで心に沁みました。おみくじに向かって「ありがとうございます。頑張ります。」と言ってしまった(笑) ちなみに娘は末吉だったようで、やや不満そうw 末吉くらいがちょうどいいと思うんだけどなぁ。

 

千本鳥居と稲荷山までの階段

さて!伏見稲荷大社といえば、千本鳥居で有名なところ。

千本鳥居
千本鳥居 入り口

覚悟はしてましたけど、4日目でもすごい人でした。商売繁盛の神様ということもあって、スーツ姿の男性がたくさん参られていたのが印象的でした。仕事始めの参拝なのかな。

もちろん、外人さんもいっぱい?!赤い鳥居やおみくじや絵馬など、日本特有の文化にすごく感心があるようでした。

前回初めて来たのが、2年前の秋だったので、2年ぶり2回目。

前回は稲荷山の頂上まで続く階段を登らなかったので、今回は頂上までの階段を登ってみよう!と、どんどん登り始めました。これも予定外の行動。本当は参拝だけして次の神社に向かおうと思っていたものだから。どこまで思いつきの行動が続くのやら・・・

頂上までの階段を登っていく人はそれほど多くないようでした。お天気が良くて、来ていたダウンを途中で脱ぐくらいの暑さ。ブーツじゃなくてウォーキングシューズが良かったなと後悔しながら、黙々と登って行きました。途中から私のペースがダウンして、娘は自分のペースでどんどん前へ上へ登って行き、姿も全然見えなくなりました。若いっていいなとほんの少し思ったのでした。

それにしても、普段から運動していない私にはかなりしんどい(^_^;) なんせ息が苦しくなって、暑さのせいもあってか気持ち悪くなる始末。休み休み登っていると、娘からLINEで頂上の景色の写真が送られてきました。もう頂上なの?!

私はというと、頂上から8分目くらいのところにはいたはず。多分・・・

稲荷山に向かう途中

これは、私が撮った途中の地点で撮った写真。写真ではよくわかりませんが、参道の鳥居を発見して、こんなに高く遠くまで登ったんだと嬉しかったな〜。

で、頂上を目指して私なりに頑張って登っていたのですが、頂上で待っていた娘がしびれを切らして降りてきてしまって。。。相変わらず足手まといな私(TOT) ここで、私の頂上までの挑戦はあっさり断念することになりました。というのも、今回は頂上に登ることが一番の目的ではなかったから。頂上からの景色は次回の楽しみにとっておくことにします!まずは、もう少し体力をつけてから(苦笑)

※長く続く階段は石で造られているので、少々の雨が降っても大丈夫だとは思うのですが、滑ったりする可能性も高くなるのでお天気が良いに越したことはないと思いました。また、登りより下りのほうが気をつけないと危ないかも。かなり膝にきますから。普段から屈伸運動しておくほうがいいなと思っちゃいました。

 

ご朱印

最後に参拝の証のご朱印をいただきに行ったのですが、肝心のご朱印帳を準備しておかなかったので、あらかじめ用意されているご朱印の紙をいただきました。

ご朱印はたいてい300円です。ご朱印をいただく際は、おつりがないように小銭を準備しておくことが必要だとどなたかのブログで読んだ記憶があったので、100円玉をたくさん用意しておきました。

伏見稲荷大社 ご朱印

寺院用のご朱印帳は持っていたのですが、神社用のはまだだったのです。詰めが甘かった(^_^;)

寺院と神社のご朱印を同じご朱印帳に書いていただく人ももちろんあるそうですが、私はやっぱり分けたいなぁと思って。

伏見稲荷大社のご朱印場にも、ご朱印帳は売られていたのですが、種類が一つしかなくて好みではなかったため、今回は紙をいただくことにしました。

実はこの後、一旦京都駅まで戻ったんですけど、たまたまご朱印帳が売られていて、一目惚れしてしまったので早速買ってしまった!?

ご朱印帳

七宝の柄が可愛くて♡ これが私の神社用ご朱印帳。これで、この後の神社参拝の楽しみが増しました。

 

今回の伏見稲荷大社までの交通手段

JR京都駅から奈良線で2駅目の稲荷駅で下車。降りてすぐ、表参道です。京都駅から大人140円でした。

 

伏見稲荷大社のWebサイト

 

 

投稿者:

ooishi

実家の漆器屋で働いているワーキング主婦。夫と二人の子供の4人家族です。 仕事や趣味を思いっきり楽しむために、日頃興味のあることをこのブログに綴っています。